トップへ » 財産を渡したくない人がいます。

財産を渡したくない人がいます。

A.相続手続きの大前提として、遺言がある場合はそれに従って手続きが進められます。遺言は、本人が自分の死後に大切な財産をどのように残したいかの意思を表示するものです。

様々な事情により「仲の悪い兄弟には1円もあげたくない。」もしくは「この人には世話になったから多くあげたい。」とお考えのこともあるでしょう。自筆証書遺言であれば、できる限り明確に表現することが大事です。

こうした場合、後々のトラブルを回避するためにも、公正証書による遺言作成をお勧めしております。なお、相続人で配偶者、親、子には遺留分という最低限の取り分を主張する権利があります。(兄弟姉妹にはなし。)遺留分を主張されたら、その分までは渡さざるを得ません。


トップへ » 財産を渡したくない人がいます。


コールバック予約