トップへ » 成年後見制度とはどんな制度ですか?

成年後見制度とはどんな制度ですか?

A.2000年(平成12年)に介護保険と同時期に誕生した制度で、近年ようやく世間でも認知されてきました。成年後見制度は精神上の障害により判断能力が不十分な方を守る制度です。

これには「任意後見制度」と「法定後見制度」の二つがあります。「任意後見制度」は、本人が元気なうちに信頼のおける人を後見人として選任し、任意後見契約を結んで、将来自分の判断能力が衰えた時に備える制度です。

一方、「法定後見制度」は、本人の判断能力が既に低下している場合に利用できる制度で、判断能力の程度により、①後見、②保佐、③補助の三種類があり、家庭裁判所にその申立てをします。当職はNPO法人 行政法務成年後見センター理事として、実務に精通しています。

「準備は元気なうちから!」将来に向けて、まずは自分自身の生活をしっかりと守るためにも、この制度をぜひ有効に活用しましょう。


トップへ » 成年後見制度とはどんな制度ですか?


コールバック予約