2009年4月12日 « トップへ » 2009年4月14日

2009年4月13日

個人情報について

さいたま行政書士合同事務所(以下、当事務所)は、ご予約やご相談・資料請求などで皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。当事務所は、ご提供いただいた個人情報に関して本「プライバシーポリシー」に基づき、取り扱いに細心の注意を払っています。

当サイト上でお伺いする個人情報について

ご予約やご相談、資料請求時にお伺いする個人名、メールアドレス、その他の個人情報は、適切にご予約を受付けたり、ご相談内容、資料請求に適切にお答えするために必要なものです。これら以外の目的では使用致しません。

法定後見制度とは?

法定後見制度は、本人の判断能力が既に低下している場合に利用できる制度です。
判断能力の程度により、1.後見、2.保佐、3.補助の三種類があり、家庭裁判所にその申立てをします。家庭裁判所により選任された法定後見人、保佐人、補助人、任意後見人は、法律の規定や契約の内容により、本人に代わって財産管理や入院手続きや介護サービスをはじめとする各種契約の締結などを行います。

任意後見の場合と異なり、書類作成や資料収集がかなり大変です。
※申し立てに必要な書類
□申立書
□成年後見用診断書、診断書別紙
□申立人の戸籍謄本
□本人の戸籍謄本、戸籍附票又は住民票
□後見人候補者の戸籍謄本、戸籍附票又は住民票
□本人の登記されてないことの証明書
□申立事情説明書
□本人事情説明書、財産目録(内訳が分かる資料も含む。)、親族関係図
□本人の健康状態が分かる資料
□後見人候補者事情説明書
□収入印紙 800円
□郵便切手 4,750円(500円×6枚、80円×20枚、10円×1枚)
□登記印紙 4,000円

個人情報の開示について

当サイトは利用者の個人情報を原則として開示することは致しません。

個人情報の利用と提供について

当事務所では、お答えいただいた個人情報を、販売したり、貸し出したりすることはありません。下記の場合においてのみ、個人情報を外部に提供することがあります。

・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合
ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(ただしこれらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用することはできません。)

尚、ご相談に関しまして、公益性があると判断した内容を当サイト及び当事務所関連サイト上で公開する場合がありますが、その場合は個人情報が特定されない状態で公開します。

当事務所の個人情報管理責任者

さいたま行政書士合同事務所
担当: 増田智光

〒332-0014
埼玉県川口市金山町17-12千葉ビル1F


2009年4月12日 « トップへ » 2009年4月14日


コールバック予約