2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月11日

5. 相続財産の分配

5. 相続財産の分配金融機関から移管した現金や株券・債権を遺産分割協議で話し合った割合で各相続人に分配します。その際、かかった必要経費を差引き残りの財産を分割します。

また、株券や国債などの債権は証券のまま分割する方法と現金に換金してから分割する方法などがあります。遺産分割協議の時に、証券の分割方法はきちんと決めておきましょう。

2009年4月10日

6.相続手続きの終了

6.相続手続きの終了財産の分配が済んでも全てが終わりではありません。

今後、新たな財産が出てくることもあります。プラスの財産(新たな預貯金・不動産)が出てきたらまた同じように金融機関等に手続きを行います。その際、相続人の実印と印鑑証明も再度必要となりますから各相続人との連絡は取れるようにしておきましょう。

また、マイナスの財産(新たな負債)も出てくることもあります。未払い税金や未払い医療費などの請求があとから出てくることもまれにあります。その時のために備えて、遺産分割協議において財産の一部を分割せずに相続人代表口座に管理しておき、負債の請求があったらそこから捻出するなどして対応する相続人もいます。

3回忌が無事に終わって負債の請求がなければ残りの現金を分割するのも一つの方法です。

2009年4月 9日

7.相続税等の支払い

一般的に多額の遺産を相続しなければ税金は発生しません。詳しくは相続税のページをご覧ください。

手続きがよくわからない、戸籍が集められない、相続人に通知するのが心配などの不安がある方は相続手続きの専門家へ任せましょう。

事務所概要

事務所名:
 さいたま行政書士合同事務所
開業:
 2003年(平成 15年) 3月
所属スタッフ:
 増田智光(行政書士)、屋中雄介(社会保険労務士)、北村いずみ(行政書士補助者)

2009年4月 8日

相続手続きの専門家である当事務所に任せるメリット

経験豊富な専門家なら問題点を即座に発見し、すばやく対応できます。煩雑な手続きは専門家に任せて安心してください。
         
・問題点を即座に発見し対応
・手続きを確実・迅速に対応
・余計な揉め事をしないために相続人の仲介役として対応

>>不動産などの財産を守りたい


2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日


コールバック予約