トップへ » 遺産相続とは » 成年後見 » 後見人の仕事とは?

後見人の仕事とは?

後見人の仕事とは?任意後見の場合は、本人の健康状況により異なります。

本人が元気であれば定期的な見守りが中心となりますし、もちろん金融機関の手続き(預貯金や公共料金の支払い)や介護サービスの手続きを本人に代わって行います。

法定後見の場合も任意後見の場合と変わりませんが、定期的に家庭裁判所から事務報告書の提出が求められます。また、自宅を売却して介護施設に入所する場合、居住用不動産処分の許可申立て手続きを行います。

いずれにせよ、後見人としては本人の財産管理を行いつつ、本人の「身上保護」を重視し、本人自身の利益を最優先にしてその職務を行うことが求められています。


トップへ » 遺産相続とは » 成年後見 » 後見人の仕事とは?


コールバック予約