トップへ » 遺産相続とは » 成年後見 » 成年後見は「介護」と「法律」が両輪です

成年後見は「介護」と「法律」が両輪です

成年後見は「介護」と「法律」が両輪です成年後見制度は単に本人の財産管理を形式的・事務的に行うだけでなく、本人の生活全般にも配慮しながら、本人が人間らしい毎日を送れるように、生活と療養看護といった「身上保護」を重視しています。

具体的には、地域の権利擁護相談の拠点となる地域包括支援センターや自治体の介護保険課、ケアマネージャーや介護福祉士をはじめとする福祉や医療関係者、そして本人の親族や友人など様々な関係者と日頃から連携し、コミュニケーションの円滑化を図って、様々な角度から情報をキャッチできるネットワークを構築し、そのようなネットワークの中で後見人として本人を支援していきます。

後見人は、本人の周囲の人(本人の親族や推定相続人等)のためにではなく、本人自身の利益を最優先にしてその職務を行います。


トップへ » 遺産相続とは » 成年後見 » 成年後見は「介護」と「法律」が両輪です


コールバック予約