トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 遺留分減殺請求権とは

遺留分減殺請求権とは

遺留分を侵害する遺贈または遺贈がなされたとき、遺留分権利者は侵害された遺留分を請求できます。(民法1031条)
上記の例でいうと遺留分を請求できる人物はまったく遺産がもらえない子で、請求の相手は法定相続より多く財産を取得した相続人2人となります。


トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 遺留分減殺請求権とは


コールバック予約