トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 遺留分の請求方法と期限

遺留分の請求方法と期限

遺留分の請求方法と期限遺留分の請求は訴訟提起が必ずしも必要でなく、相手に対して口頭で行うことも可能です。

ただし、遺留分減殺請求権の消滅時効が遺留分を侵されたことを知った時から1年、また相続開始から10年経過すると権利を侵されたことの認識の有無に関係なく時効消滅します。このように消滅時効制度がありますので、相手に請求を受けていないと言われないためにも、請求は内容証明郵便で行うことが望ましいでしょう。

遺言書を作成する時は、この遺留分に注意して内容を考えないと後々トラブルの原因となります。ただし、兄弟姉妹には遺留分の権利がないので気にせず内容を考えてください。


トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 遺留分の請求方法と期限


コールバック予約