トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 自分で書いた遺言書は危険がいっぱい

自分で書いた遺言書は危険がいっぱい

自分で書いた遺言書は危険がいっぱい
「特別な人に財産を譲りたい」「遺言書相談したいという方」
エンディングノートで自分の遺言を考えましょう。

【遺言書とは何か?】
生前、特にお世話になった人や相続人でない親族(孫、長男の妻など)などに自分の財産を残したい、法定相続の割合と異なる遺産の分配を望む、不動産や自社株など価値の評価や分割が困難なものがあるとき、相続人間で争いが起こりそうな場合に遺言書は遺産を特定の人に遺し、紛争発生の防止もし、あなたの最終意思を法的に実現してくれます。


トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » 自分で書いた遺言書は危険がいっぱい


コールバック予約