トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » こんな人は遺言書作成を考えましょう

こんな人は遺言書作成を考えましょう

こんな人は遺言書作成を考えましょう1.配偶者・子供がいない方
この場合、相続財産は国庫に帰属し貴方の財産が国のものになってしまいます。遺言書を作成して、慈善団体に寄付したり、特にお世話をしてくれた方に財産のあげる方が増えています。

2.老後の面倒を看てくれた子供に多くの財産を譲りたい方
遺言書がないと法定相続で分割となり、面倒を看てくれた子とそうでない子が法律上同じ割合で財産を取得することになります。

これだと不公平なので遺言書にて面倒を看てくれた子に多く財産を譲る遺言書を作成しましょう。

3.両親も子供もいなく、仲の悪い兄弟姉妹がいる場合

この場合、兄弟姉妹が相続人になります。自分の大切な財産を仲の悪い兄弟姉妹に分割されるのは気分的に面白くないはずです。

この場合は、仲のよい兄弟姉妹や特別に世話になった人に財産を譲るといった内容の遺言書を作成しますよう。


トップへ » 遺産相続とは » 遺言書作成 » こんな人は遺言書作成を考えましょう


コールバック予約