トップへ » 遺産相続とは » 遺産相続の方法と相続税 » 相続税額の計算

相続税額の計算

各相続人が、いったん法定相続分に従って財産を取得したと仮定し、各相続人の「取得金額」を計算します。

「取得金額」=「課税遺産額」× 法定相続分

この「取得金額」を元に「相続税の速算表」を使用して、「各相続人ごとの仮定の相続税額」を算出します。また、税率も相続税の速算表を元に確認できます。

<納付税額の計算>
「相続税額の総額」を、実際に財産をもらった人の課税価格に応じて割り振りを行い、財産をもらった人ごとの税額を計算します。また、税額控除・加算がある場合は、調整を行って「納付税額」を算出します。

相続税額の計算相続税の計算は複雑です。
相続税が発生しそうな場合は相続税の詳しい税理士に相談しましょう。

■みなさんご安心を!!
ただし、相続税を納める必要がある人は全体の5%です。
残りの95%の相続人は基礎控除以内の相続で、相続税の発生がないのが現状です。


トップへ » 遺産相続とは » 遺産相続の方法と相続税 » 相続税額の計算


コールバック予約